鍼灸の適応疾患

鍼灸の適応症については、WHO(世界保健機構)が、1979年に43疾患を、1996年に6疾患を加えた49疾患を発表しています。WHOのリストに基づき適応症を分類しましたので、ご参照ください。
ただし、東洋医学はあくまで病名治療ではなく随証治療(身体のアンバランスをなおす治療)ですので、下記に記載した病名以外でも適応になることもありますし、下記に記載した病名でもその人の体質によっては適応にならないこともあります。いずれにしても一度ご相談いただけたらと思います。
また特定の疾患がなくても鍼灸治療はリラックス効果もありますので、疲れをとりたいという方もどうぞご来院ください。

WHO(世界保健機構)による適応疾患

1. 産婦人科疾患
逆子、つわり、不妊症、生理不順、生理痛、冷え性、更年期障害、乳腺炎、乳汁分泌不全
2.運動器系疾患
腰痛、肩こり、関節炎、関節症、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、関節リュウマチ、筋・筋膜炎(筋肉リュウマチ)、頚筋強直、頚肩腕症、むち打症、捻挫、腱鞘炎、、外傷の後遺症
3.小児科疾患
小児神経症(夜泣き・疳の虫、夜驚、消化不良、食欲不振、不眠、偏食)、小児喘息(ぜんそく)、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症 虚弱体質の改善
4.消化器系疾患
口内炎、舌炎、歯痛、胃腸炎、胃アトニー、胃下垂症、胃酸過多症、胆石症、肝機能障害、肝炎、十二指腸潰瘍、下痢、便秘、痔疾患
5.呼吸器系疾患
風邪(かぜ)、風邪(かぜ)の予防、咳嗽(せき)、鼻炎、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎、気管支喘息
6.泌尿器系疾患
ネフローゼ、腎・尿路結石、膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大症、陰萎症、遺精、性機能障害
7.内分泌系疾患
尿崩症、バセドウ病、糖尿病、橋本病
8.新陳代謝疾患
貧血、脚気、痛風
9.皮膚科疾患
皮膚炎、蕁麻疹、ヘルペス、肝斑(しみ)、円形脱毛症、アトピー性皮膚炎
10.神経系疾患
神経痛、神経麻痺、痙攣、自律神経失調症、神経症、心身症、脳卒中後遺症、頭痛、不眠症、眩暈(めまい)、肩こり
11.循環器系疾患
心悸亢進(心臓神経症)、高血圧症、低血圧症、動脈硬化症、動悸、息切れ
12.眼科疾患
目のかすみ、仮性近視、眼精疲労、眼瞼縁炎(ただれめ)、麦粒腫(ものもらい)、結膜炎、フリクテン、弱視、涙管炎
13.耳鼻科疾患
耳鳴り、難聴、メニエール病、鼻炎、中耳炎、鼻出血(はなぢ)、副鼻腔炎(蓄膿症)

[0]Home
[1]サイトインフォ[2]当院案内
[3]治療案内[4]鍼灸治療体験談
[5]院長の独り言[6]東洋医学豆知識
[7]癒し写真館

ご連絡は011-664-5354まで
Copyright (C) 2005-2013 太玄堂鍼灸院. All rights reserved.