逆子と安産

●N.Mさんの逆子と安産の鍼灸治療体験談

(20代女性、初診:平成18年2月)
初めての妊娠で不安なことも多い中、それなりに順調に日々を過ごしていました。
しかし今年(平成18年)の1月に逆子と診断されてしまいました。7ヶ月のことでした。
病院から子宮収縮抑制剤を処方していただき指導された逆子体操を毎晩行いました。寝るときも側臥位をくずさないように努力していましたが1ヶ月以上たっても効果は現れませんでした。
逆子を治す方法の1つとして鍼灸がよいという話は聞いていましたが正直なところあまり効果を期待していなかったので試そうとも思いませんでした。しかし、一向に逆子体操等の成果がみられないのでわらにもすがる思いで鍼灸のことを夫に相談しました。
産婦人科に鍼灸を受けていいものかどうか確認しインターネットの検索サイトで一番最初に検索された太玄堂鍼灸院さんに連絡してみました。
不安気な私の気持ちを察していただいたのか先生は優しい対応して下さり、数日後すぐに診察していただけました。
問診の後、刺さない鍼とお灸で治療し、初診は2時間程で終了しました。終わったあとは体の中がスウッと軽くなったように感じました。私の中で確信のようなものがめばえしばらく通ってみようと思いました。
週に2〜3回のペースで通ってほしいとのことだったのでトータルで10回程3〜4週間お世話になるつもりでしたがわずか1週間で逆子が治ってしまいました。
後の病院の検診でそのころには実は帝王切開の日にちも決まっていたと伺い本当にほっとしました。薬と違ってなにより副作用はないし、長年悩まされていた便秘も改善されて私にはうれしいことばかりでした。今は安産のお灸を続けながら出産の日を心待ちにしています。

[0]Home
[1]サイトインフォ[2]当院案内
[3]治療案内[4]鍼灸治療体験談
[5]院長の独り言[6]東洋医学豆知識
[7]癒し写真館

ご連絡は011-664-5354まで
Copyright (C) 2005-2013 太玄堂鍼灸院. All rights reserved.