ストレス・のどのつまり

●Y.Mさんのストレス・のどのつまりの鍼灸治療体験談

(Y.Mさん、30代女性、初診:平成21年1月)
10年程前から過呼吸に苦しみ、1年程前からうつ病になり、人と接することが苦痛になりました。
半年前に非常にのどがかわき、落ち着かず、食事をとろうと思っても、飲み込めなくなりました。
内科、かかりつけのメンタルクリニックに足を運びましたが、「心配しすぎ。気のせいです」と言われ、絶望していた頃にインターネットで太玄堂のことを知りました。
鍼灸の経験がなく、とても不安でしたが、初回では先生にじっくり症状を聞いていただき、「大丈夫。なおりますよ。」と言われた時は、救われた気分になりました。
その後、週2回、週1回と回数をへらしていっても、どんどん心身ともに元気になるのを実感できました。
今では、以前のように食事をできるようになり、改めて健康の大切さを痛感しています。
鍼で治療してもらうと、いろいろと悩みがちな私でもポカ〜と身体があたたまっていくと同時に「まあ、なんとかなる!」という前向きな気持ちになり、最高のリラックスタイムです。
これからも定期的に通わせていただき、心身の元気をチャージしていきたいとおもっています。

●Y.Mさんへのコメント

ものが飲み込めるようになり本当に良かったですね。
Y.Mさんの咽喉(のど)のつまりは東洋医学では梅核気というものでストレスが大きな要因となるものでした。
東洋医学・鍼灸は単に体を治すだけではなく心も元気にしてくれるものです。
これからも心身ともに元気になるそのお手伝いをしていきたいと思っています。
今回は体験談を書いて頂き有難う御座いました。

[0]Home
[1]サイトインフォ[2]当院案内
[3]治療案内[4]鍼灸治療体験談
[5]院長の独り言[6]東洋医学豆知識
[7]癒し写真館

ご連絡は011-664-5354まで
Copyright (C) 2005-2013 太玄堂鍼灸院. All rights reserved.