食べすぎにはダイコンやカブを

早いもので、もう9月、秋の季節になりました。秋は、「食欲の秋」といいますが、ついつい食べ過ぎてしまいますね。
そんな時、ダイコンやカブを皮ごとすりおろした絞り汁を、盃に2〜3杯ほど飲むと消化が助けられます。
漢方薬では保和丸などがいいでしょう。
ダイコンは漢方で莱服(ライフク)といい、消食(消化を助ける)働きがあります。中国では白い皮、赤い皮、青い皮と品種が異なるものがありますが、薬性はほぼ同じです。
漢方薬では種を用いることが多いですが、根・葉・茎・種ともに薬用になります。カブもダイコンと同じように消食の働きがあります。でも、食べ過ぎないことが一番ですね。
(2005年8月掲載)

[0]Home
[1]サイトインフォ[2]当院案内
[3]治療案内[4]鍼灸治療体験談
[5]院長の独り言[6]東洋医学豆知識
[7]癒し写真館

ご連絡は011-664-5354まで
Copyright (C) 2005-2013 太玄堂鍼灸院. All rights reserved.