逆子の鍼灸治療という選択肢

帝王切開より自然分娩

昔は逆子でも自然分娩でしたが、現在では逆子だと帝王切開することがほとんどのようです。帝王切開をするより自然分娩のほうが望ましいことは言うまでもありません。

逆子の鍼灸治療は安全

病院で指導される逆子の治療法として逆子体操などがありますが、戻らないケースも多々あります。
そのようななかでひとつの選択肢として副作用の心配もない安全な鍼灸治療をお勧めします
もちろん患者さんの状態によっては逆子が治りづらいケースもあります。 例えば妊娠8ヶ月までは比較的逆子も治りやすいのですが、9ヶ月を過ぎた頃から少し戻りにくくなります。
また羊水が少ないなどの母体の状態によっても戻りづらいケースもあります。
しかしどんなに逆子が戻りづらい様な場合であっても鍼灸治療により逆子が治る可能性は有りますので鍼灸治療をされることをお勧めします。
また仮に逆子が治らなかったとしても鍼灸治療は母体にとって非常に良い効果があります。
例えば妊婦さんはお腹が非常に張っていることが多いのですが、このような場合鍼灸治療をすることによってお腹の張りが楽になるなどの効果があります。
逆子や妊娠中の諸症状で悩まれているかたは是非、鍼灸治療を試されることをお勧めします。

[0]Home
[1]サイトインフォ[2]当院案内
[3]治療案内[4]鍼灸治療体験談
[5]院長の独り言[6]東洋医学豆知識
[7]癒し写真館

ご連絡は011-664-5354まで
Copyright (C) 2005-2013 太玄堂鍼灸院. All rights reserved.