東洋医学と西洋医学の違い

太玄堂鍼灸院は東洋医学理論を背景に鍼灸治療をおこなう鍼灸専門の鍼灸院です。ここでは東洋医学と西洋医学の違いをご説明いたします。
東洋医学に対し、私たちが病院や医院で受ける一般的な治療を西洋医学と呼びます。
もちろん、現在では、漢方薬を出す病院もありますし、鍼灸治療を行う病院もありますが、すべての病院や医院で取り入れられているわけではありません。
では、東洋医学と西洋医学の違いはどこにあるのでしょうか。
その違いを簡単に説明すると、西洋医学は、主として頭痛、風邪(かぜ)、腰痛、高血圧などの症状を追い、それに対して治療を行います。
一方、東洋医学は、必ずしも症状を追うのではなく、疾病は生体内のバランスの乱れの結果起こるものであり、どのようにバランスが乱れているかを、問診・舌・脈・お腹・背中・手足のツボの状態などを総合的にみて探り、バランスの乱れを正すような治療を行います。
ですから、鍼灸治療で、腰痛の方の治療を行う場合、必ずしも腰に鍼(針・はり)を打つのではなく、一人ひとりのバランスの乱れ方の違いにより、鍼(針・はり)を打つ場所が変わってくるのです。

[0]Home
[1]サイトインフォ[2]当院案内
[3]治療案内[4]鍼灸治療体験談
[5]院長の独り言[6]東洋医学豆知識
[7]癒し写真館

ご連絡は011-664-5354まで
Copyright (C) 2005-2013 太玄堂鍼灸院. All rights reserved.